So-net無料ブログ作成

WAVES Renaissance EQ [イコライザー EQ]

Req-1.jpg


今回は、WAVESのRenaissance EQを紹介します。

こちらは、EQの中でも特に人気の高い一品でございます。

バンド数は2、4、6の3種類から選択できます。

ステレオにも対応で、LRそれぞれ別々に掛けることもできます。









特徴


Renaissance EQは暖かみのあるアナログサウンドに適したパラグラフィックEQです。

掛かり方が驚く程自然です。

EQは掛ける程音質が変わっってしまい、
特にブーストした時にそれが顕著に出ます。

しかしながらこのRenaissance EQは非常に滑らかに音を持ち上げることが可能です。

極端にカット(ブースト)すると、さすがに音質の変化はありますが、
他のEQと比べるとその変化はかなり少ないです。

EQで劇的に音質を変えたい時には不向きかもしれませんが、
イメージそのままで音質補正したい時には最適なEQだと思います。

また音質こそ変わらずとも、EQの効きはバツグンです。

操作も非常に分かり易いので、初心者から熟練者まで幅広く使える万能EQです。




パラメーター


Req-1.jpg

・GAIN 

EQのかかり具合を決めるパラメーター。
どれだけカット(ブースト)するかを設定します。



・FREQ

EQを掛ける中心の周波数を決めるパラメーター。



・Q

EQのかかる範囲、幅を調整します。



・タイプ選択(Qの下のグラフタイプを選ぶところ)

グラフの図を変えることでEQのタイプを選択します。



・1~6のボタン

各バンドのオン・オフを切り替えるボタン。 (色が付き、点灯している時がON)



・OUTPUT

最終的な出力の音量を調整します。



・L/Link/R

L、Rのチャンネルの切り替えを行います。
Linkは左右対称にEQを掛ける時ONにします。
L、Rそれぞれ別に掛ける場合は、
チャンネル選択の上、LRそれぞれで設定を行います。



WAVES Renaissance EQ、入門用としても最適なEQだと思います。

利用されたことが無い方は是非ともお試ししてみてください。



Waves/Renaissance Maxx【オンライン納品】【期間限定特価】

価格:17,200円
(2016/5/4 11:17時点)
感想(1件)




<関連記事>
・イコライザーとは?

・mix~女性ヴォーカル(EQ)編

・mix~男性ヴォーカル(EQ)編






nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。